hjsk Hashimoto Jyouhou Senryaku Kikaku 橋本和則 橋本情報戦略企画

~hjsk.jp~ 橋本情報戦略企画 橋本和則の書籍サイト

MicrosoftからMVPリング届く、なぜかトロフィーも ~ Windows Insider MVP特典キット2022

Windows Insider MVP特典キット届く。
日本でのWIMVP受賞者は一人しかいないらしい。

Windows Insider MVP

●Windows Insider Most Valuable Professional
Windows Insider Most Valuable Professional (MVP) アワードでは、Windows に情熱を持ち、テクノロジ エキスパートとコミュニティ リーダーを表彰します。MVP は世界中で見つけられます。

https://insider.windows.com/ja-jp/mvps

Windows Insider MVP

中身はいつもの受賞年度のリング・・・だけではなく、なぜかトロフィーまである。

Windows Insider MVP

トロフィーのデザインは微妙に違う。ただしリングは一緒なので互換性がある。

Windows Insider MVP

「Microsoft MVP」側のトロフィーがもはやリングアフレしているので、どちらかというとこのトロフィーの新しいのが欲しかったりする。

執筆・登壇・セミナー・出演・インタビュー依頼について - 橋本情報戦略企画 橋本和則


橋本情報戦略企画の橋本和則 (Kazunori Hashimoto)です。

IT系を主に80冊以上の書籍の執筆実績があり、10社以上の出版社と取引実績があります。

また、最近では「登壇依頼」「インタビュー」「オンラインセミナー」「出演依頼」などをいただくことも多く、積極的に活動しております。

現在、登壇やセミナーなどにおいては高い評価を得ることができ、対象となハードウェア・ソフトウェア・コンテンツの販促や実売のお役に立てています。

また、登壇・セミナー・Web運営などの各種活動は、結果的に新たな書籍執筆・雑誌執筆のほか、新たな読者の掘り起こしになるという相乗効果を生んでいる状態です。

「読者(視聴者)、出版社(コンテンツ事業者・ベンダー・イベンター)、文筆者」の相互が幸と利益を得られるという、当初からの橋本情報戦略企画のコンセプトが加速している状況です。

橋本情報戦略企画に対する、執筆・登壇・出演・オンラインセミナーなどを依頼については、下記までお問い合わせください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・執筆依頼&インタビュー依頼の問い合わせ先

執筆やインタビュー等の業務関連の問い合わせは
メールアドレス 「toi2015★win7.jp(★を@に直してください)」
にお願いします。

掲載媒体名や具体的なオファー内容なども記述していただけると幸いです。
(なお、問い合わせは基本的に法人に限らせていただきます)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・参考情報

当方の活動実績は
・橋本情報戦略企画Web(https://hjsk.jp/)
・橋本情報戦略企画とは  に掲載しております。
また、客観性のある情報としては、各出版社・コンテンツ公開サイトのほか、
・橋本情報戦略企画書籍一覧(Amazon)
・Microsoft MVP 橋本和則 (Microsoft)
・Windows Insider MVP 橋本直美 (Microsoft)  などにも掲載されています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

メディア向けイベント登壇内容よりピックアップ「Windowsタブレットの活用」「Windows 11+タッチ操作の強み」

橋本和則が登壇したメディア向けイベント「新生活で揃えたい最新ノートパソコン 用途に合わせた選び方とお薦め機種」 から「Windowsタブレット」「Windows 11+タッチ操作」のプレゼンをピックアップ。

橋本和則 写真 メディア向けイベント登壇

Windows搭載ピュアタブレットは以前とは違い、タブレットのままでも十分に活用できることを解説。

メディア向けイベント登壇 橋本和則
「Windowsにおけるタッチ操作のメリット」は、見直すべきです。 タッチであれば、画面上のボタンをタップすれば完了、実にシンプルですし、新社会人はスマホ世代であることもポイントです。 また、指で描画したりなぞることができるタッチ操作では、「切り抜き」や「プレゼンテーション」で効力を発揮します。

メディア向けイベント登壇 橋本和則
Windows 11+ピュアタブレットでは、キーボードレスで操作が可能です。特に文字入力が問題になると思われがちですが、Windows 11は音声入力のほか、手書き入力やスマホ同様のフリック入力も対応です。キーボードやマウスがなくても、快適に操作&文字入力が可能です。

メディア向けイベント登壇 橋本和則
以前のピュアタブレットは「拡張性」という弱点を抱えていましたが、USB Type-Cが普及した今、その気になればUSBキーボードや外部ディスプレイ、有線LANなども利用可能です。もちろんBluetoothにも対応しているわけですから、ピュアタブレットでももはや、拡張性の問題は起こらないということになります。モバイルはタブレットで、ただし文字入力が多い場合にはキーボードを持ち歩き、家ではUSB Type-Cをドッキングステーションとして使い、マルチディスプレイ+キーボード+マウスで快適操作が可能です。

日本にたったひとつしかないキット? Windows Insider MVPの特典が届く

MicrosoftよりWindows Insider Programのキットが届く。

ちなみに、Windows InsiderのWebサイトで国/地域のフィルターを「日本」にすると Windows Insider MVPは一人しかいなので、日本にはひとつしかないレアものなのか?

Windows Insider MVP

相変わらず謎に豪華なアイテム群

メディア向けイベント登壇 橋本和則「新生活で揃えたい最新ノートパソコン 用途に合わせた選び方とお薦め機種」 Windows 11のタッチ操作のメリット&Windowsピュアタブレット活用

グレイドパーク(ヒルトン東京地下1階)にて、ファーウェイ・ジャパン メディア向けイベントに橋本和則が登壇。
橋本和則 写真 メディア向けイベント登壇

橋本和則 写真 メディア向けイベント登壇

以下、案内状より。
メディア向けイベント登壇 橋本和則
橋本和則 写真 メディア向けイベント登壇

作家でIT著書は80冊以上、ベストセラー&ランキングトップ書籍多数、「帰宅が早い人がやっている パソコン仕事 最強の習慣112」など、パソコンを活用した仕事術の書籍も執筆されている橋本和則さんが登壇。過去に100台以上の各種メーカーのノートPCに触れてきた著者が、HUAWEI MateBookシリーズを著書執筆&校正作業に実際に利用したうえでわかった「製品の特徴」「使いこなし」「本製品を選択すべき人」についてお話しいただきます。

橋本和則が登壇した内容

メディア向けイベント登壇 橋本和則

橋本和則の経験として「選んではいけないノートPC」をまず解説。

●カタログスペックは高いが動作が遅い
 ~CPU&SSDのサーマルスロットリング、PCが気になるレベルでうるさい
●ディスプレイが狭い&見にくい&醜い
 ~液晶の品質が低く作業をすると疲れる、作業領域が狭くて快適に操作できない

いろいろなPCが送られてきた

さっそくいろいろなPCが送られてきた。
忖度なしに完成度が高いPCの数々。
4月下旬に登壇して詳しく解説します。
MateBookシリーズ

MateBookシリーズ

Microsoft Windows Insider MVPs 公式動画に橋本情報戦略企画が登場 Meet our 2021

Microsoftの公式動画「Meet our 2021 WIMVPs」
(Windows Insider MVP2021年受賞動画)に橋本直美が登場。

「橋本情報戦略企画の日常作業風景」(書籍PDFアノテーション中)&自己紹介などがグローバルなMicrosoft動画内にちらちら登場します。 (もしかすると近日第二弾も登場?)

Windows Insider MVP
☆日常作業環境風景(マルチディスプレイ+スマホ+α)

Windows Insider MVP
☆自己紹介

[またも増刷]Outlook 2019 やさしい教科書

橋本情報戦略企画  橋本和則 (著)

Outlook 2019 やさしい教科書

Outlook 2019 やさしい教科書


目次
■第1章/Outlook 2019の基本操作を知る

◆Section 01 Outlook 2019でできること

◆Section 02 Outlook 2019を起動/終了する

◆Section 03 Outlook 2019の画面構成

◆Section 04 リボンを利用してOutlook 2019を操作する

◆Section 05 Outlook 2019の機能をすばやく実行する

◆Section 06 Outlook 2019にアカウントを登録する

◆Section 07 わからないことを調べる

◆Section 08 Office 2019とMicrosoft 365の違いを知る

■第2章/メールの基本操作をマスターする

◆Section 09 Outlook 2019の「メール」の画面構成

◆Section 10 フォルダーウィンドウを扱いやすくする

◆Section 11 メールを作成して送信する

◆Section 12 メールを受信する

◆Section 13 メールの内容を閲覧ウィンドウで確認する

◆Section 14 スレッド表示と優先受信トレイを知る

オンライン講義開催 PCをストレスなく使う最強の習慣 (2022年3月9日ライブ配信)

Windowsの使いこなしやPCのスキルを解説するオンライン講義 「PCをストレスなく使う最強の習慣」を2021年3月9日に配信。
(2021年後期~2022年前期の第3回目、通算6回目」)

●講義 PCをストレスなく使う最強の習慣

橋本情報戦略企画  橋本和則 (講義)

オンライン講義:PCをストレスなく使う最強の習慣(v220309)

オンライン講義:PCをストレスなく使う最強の習慣(v220309)

[新発売]IT担当者のためのテレワーク時代のセキュリティ対策

橋本情報戦略企画  橋本和則 (著)

テレワーク時代のセキュリティ対策

テレワーク時代のセキュリティ対策



オンライン講義開催[SEカレッジ] PCをストレスなく使う最強の習慣 (2022年2月24日ライブ配信)

オンライン講義 「PCをストレスなく使う最強の習慣」
(2021年後期~2022年前期の第2回目、通算5回目」を2021年2月24日にライブ配信。


●講義 PCをストレスなく使う最強の習慣

橋本情報戦略企画  橋本和則 (講義)

オンライン講義:PCをストレスなく使う最強の習慣(v220220224)


1.本講義の目的とPCスキルを身につけるメリット
2.作業時短テクニックと身につけたい習慣
3.ストレスのないPC環境の作り方とカスタマイズ
4.情報漏えいの真実とセキュリティ対策


「テレワークに踏み切れない環境での推し進め方」橋本和則著 大阪府中小企業団体中央会 okini! おおきに! No.04 2022冬 掲載

「テレワークに踏み切れない環境での推し進め方」橋本和則著
大阪府中小企業団体中央会 okini! おおきに! No.04 2021秋 掲載

 テレワークの導入に積極的ではない人(上司・同僚・部下・取引先等々)に阻まれて、テレワーク環境を構築できないという話も耳にしますので、今回は「テレワーク導入の推し進め方」について解説します。  まず、「テレワークの概念」をきちんと理解してもらうことが入り口になり・・・


橋本和則著 大阪府中小企業団体中央会 okini! おおきに!

[2022増刷決定!!][全面改訂版] Windows 10上級リファレンス 第2版 [完全目次一覧]

橋本情報戦略企画  橋本和則 (著)

前著書と比較して同じページは1ページたりともなし、完全改定新作!!
最新 [全面改訂] Windows 10上級リファレンス 第2版



■Chapter1 究める!! Windows 10の魅力と特徴とカスタマイズ準備

◆1-1 Windows 10 の魅力と新しい使い方
●新機能を恒久的に提供するWindows 10 ●優れたセキュリティ対策を内蔵するWindows 10 ●問題に素早く対処できるWindows 10 ●64 ビットシステムでも32 ビットアプリを動かせるWindows 10 ●より使いやすくなる地味な改善も続けるWindows 10 ●非x86 系でありながら32 ビットアプリ動作可能な「Windows 10 on ARM」 ●「マルチPC テクニック」で複数のPC を同時連携活用 ●「ダブルLAN 環境」「デュアルLAN 活用」で攻めたネット最適化
◆1-2 Windowsのバージョンと歴史
●「Windows 10 を知るため」のWindows OS 史 ●動作が不安定だった「Windows 3.x」と「Windows 9x」 ●安定動作してブレイクした「Windows XP」 ●大失敗に見えるが未来に続く大転換を果たした「Windows Vista」 ●スーパーブレイクした完成形「Windows 7」とその裏にあった怪しい影 ●歴史的な駄作「Windows 8」による負の連鎖 ●ユーザーの意見を取り入れて進化し続けるWindows 10

31.5インチ湾曲4K横+27インチ4K縦ディスプレイ この構成はPC作業として効率的か?

筆者の作業スタイルの場合、マルチディスプレイにおいて「ディスプレイ横+ディスプレイ横」は視野移動が横に広すぎるため、あまり効率的ではないという結論に至っている。
マルチディスプレイは、「フルHDミニディスプレイ下配置+WQHDメインディスプレイ上配置+4Kディスプレイ縦を横配置」の3画面構成が最近までの主流だったのだが、このほど見直しを行い「31.5インチ湾曲4Kディスプレイ」を購入してみた。
まず驚いたのが、パッケージのでかさだ。エルゴヒューマンと比較。

31.5インチ4K横+27インチ4K縦ディスプレイ


わかりにくいかもしれないので、Surface本体との比較。
31.5インチ4K横+27インチ4K縦ディスプレイ

購入したディスプレイを配置。かなり湾曲していることが分かる。
31.5インチ4K横+27インチ4K縦ディスプレイ

31.5インチ4K横ディスプレイ+27インチ4K縦ディスプレイはこんな感じ。以前のMVP動画内の作業風景とは構成が完全に異なる。
31.5インチ4K横+27インチ4K縦ディスプレイ
作業上、Windowsのエディション違いなども検証するため仮想マシンを3台以上立ち上げて作業しなければならないが、4K縦ディスプレイは大活躍。仮想マシンを3台置いたうえでまた余裕がある。

また、31.5メインディスプレイでは27インチよりも文字やオブジェクトをかなり大きく表示できるため入力作業がはかどる(メインとサブのオブジェクトの大きさの差がいい感じ)。
メイン27インチ4K横 + サブ27インチ4K縦にしようと思っていたが、メインは31.5インチ湾曲で正解だ。


2022.04
この構成に変更して正解であり、作業が快適になった。ただし、縦の27インチ4Kは等倍だと「31.5インチ4K」との文字の大きの差が、目のコンディションによって気になることになる。正直縦側は以前利用していた27インチ3Kでよかったかもしれない。

橋本情報戦略企画とは

2022/01 全体アップデート

■「橋本情報戦略企画」 橋本和則(はしもと・かずのり)


国内ナンバーワンの実績を誇るWindows作家。
著書は80冊以上に及び、代表作には
「帰宅が早い人がやっている パソコン仕事 最強の習慣112」
「先輩がやさしく教えるセキュリティの知識と実務」
「Windows完全制覇パーフェクト」シリーズ
「Windows上級リファレンス」シリーズ
「Windows 上級マニュアル」シリーズ
「Surface知りたいことがズバッとわかる本」シリーズ
「ひと目でわかるWindows厳選200」シリーズ
などがある。

フリーター、派遣、サラリーマン、管理職、会社取締役、独立などの各種経験あり、それぞれの立場で物事を考察できる。

Microsoft販売のWindowsパッケージに当方の書籍がバンドルされた実績や、Microsoftサポート情報をムック化したうえでさらにWeb化したなどのユニークな実績もあり。

オンラインセミナーも好評で、受講者満足度は10点満点で平均8.9点のスコアを誇る。

震災復興支援として自著書籍をPDFで公開。Windows 11/10/8/7シリーズ関連Webサイトの運営のほか、セミナー、著者育成&プロデュースなど多彩に展開している。
Microsoft MVP受賞 、奥さんも Windows Insider MVP受賞者。

帰宅が早い人がやっている パソコン仕事 最強の習慣112 先輩がやさしく教えるセキュリティの知識と実務 Windows 10 完全制覇パーフェクト Windows 10上級リファレンス Windows 7 上級マニュアル ひと目でわかるWindows 10 操作・設定テクニック厳選200! ポケット百科 Surface Pro 4 知りたいことがズバッとわかる本 Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版 iPad2 ビジネス設定&活用術-クラウド・PC連携で仕事を効率化

 

※「橋本情報戦略企画」取引実績(抜粋)
翔泳社日本実業出版社SBクリエイティブSEプラス技術評論社日経BP毎日コミュニケーションズ三才ブックス中央経済社ASCII秀和システム等々

 

■「橋本情報戦略企画」コンセプト

本を読んでいただくのであれば「読者に役立つ」、本の当方企画を採用していただくのであれば「出版社がペイする」ことを目標に業務を行っており、その上で当方が対価を得られればよいという考え方。
結果的に「文筆者、出版社、読者」の相互が利と幸を得られることがコンセプト。


■「橋本情報戦略企画」へのお問い合わせ先

「橋本情報戦略企画」への執筆/セミナー/インタビュー等のお問い合わせは「toi2015★win7.jp(★を@に直してください)」
までお願いします(御社ドメインのメールアドレスにてお問い合わせをお願いします)。

※客観性のある橋本の情報
橋本情報戦略企画書籍一覧(Amazon)
Microsoft MVP 橋本和則 (Microsoft)
Windows Insider MVP 橋本直美 (Microsoft)

■「橋本情報戦略企画」運営Webサイト

書籍執筆者はWebを軽視しがちだが、現代においては「Webと連携したTips展開と広告戦略」が必要。リアル書店が少なくなった現在、書籍の内容とクオリティを積極的にWebで謳うことは必須と言える。
当方では6つのWebを運営しており書籍と連動する形で、各書籍タイトルの売り上げや提携関係にあるメーカーのハードウェア/アプリの啓もうにも貢献している。

Win11.jp(Windows 11の情報サイト)
Win10.jp(Windows 10の情報サイト)
Surface.jp(Surface情報サイト)
Win8.win7.jp(Windows 8の情報サイト)
Win7.jp(Windows 7の情報サイト)
hjsk.jp(橋本情報戦略企画の書籍サイト)

近況・執筆・活動実績一覧

■■業務のお問い合わせについて■■

    ※「橋本情報戦略企画」への執筆/セミナー/インタビュー等のお問い合わせは「toi2015★win7.jp」 までお願いします(★を@に直してください、また御社ドメインのメールアドレスにてお問い合わせをお願いします)。

橋本和則
橋本情報戦略企画
橋本和則 (Kazunori Hashimoto)


作家。著書は80冊以上、ランキングトップ書籍多数。特に「上級シリーズ」は累計50万部を超えるベストセラーであり、「パソコン仕事 最強の習慣112」は様々なメディアで採り上げられることが多い。
Webサイトを7つ運営。実は書くことよりも、話すことが得意で、登壇・出演・オンラインセミナーなども好評を得ている。
主にWindowsを実践的に利用する著書・登壇・セミナーが多く、時短術、Office、ハードウェア、カスタマイズ、ネットワーク、テレワーク、セキュリティなどを得意とする。
Microsoft MVP(Windows and Devices for IT)を16年連続受賞

橋本和則の著者ページ(Amazon内)
橋本和則 Microsoft MVP(Microsoft内)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※業務問い合わせについては、
「執筆依頼&インタビュー依頼について」
(リンク)
を参照してください。
帰宅が早い人がやっている パソコン仕事 最強の習慣112 パソコン仕事 最強の習慣112
[はじめに] [目次] [お試しPDF]
本書を読めば、「一生役立つパソコンの習慣」を身につけることができます。 仕事が速い人は、無駄な操作をせず、最短で目的の操作を行います。 「仕事がなかなか終わらない」「1秒でも早く帰りたい」……そんな人は、 ぜひ本書をご一読ください。 業務の時短につながる役立つ習慣が満載です。
テレワーク時代のセキュリティ対策 テレワーク時代のセキュリティ対策
DX化による働き方改革には、以前とは異なるセキュリティ対策が必要になります。 本書ではセキュリティ担当者が取捨選択しやすいように重要度・対象環境・難易度・目的をわかりやすく示して解説しているほか、従業員も知っておくべき項目・任せてもよい項目もひと目でわかるのが特徴です。
[完全改定版]Windows 10上級リファレンス v2 新登場 Windows 10上級リファレンス 全面改訂版   [はじめに]   [完全目次一覧]  
前回著書と同じページは一つもなし! 最新Windows 10のカスタマイズ・操作・セキュリティ・ハードウェア・PC管理・ショートカットキーとWindows OSの歴史などWin10を知る&総合的なPCスキルに身につけるための各種解説を満載!
Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版 Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版
「小さな会社」では、「少しパソコンに詳しい」というだけで、社内パソコン全般の管理やメンテナンスを任されてしまいます。しかし、いくつものOSが混在した環境は、なんとなく管理者を任せられた人にとってとても厳しい状況です。 そこで本書では、専門知識のない「なんとなく管理者」をターゲットに、社内LAN構築・運用手法を徹底解説しました。Windows OSを用いるので、現行資産を有効に活用し、簡単&低コストで便利な社内LANを構築できます。本書を読めばあなたの会社のネットワークは万全です!
先輩がやさしく教えるセキュリティの知識と実務 先輩がやさしく教えるセキュリティの知識と実務
  [はじめに] [目次]
「セキュリティ対策」は必須です。本書は「業務のしやすさと高いセキュリティレベルを両立できる」ことがポイントで「コストをかけない安全なセキュリティ対策」を、やさしく知識と経験のある先輩が、疑問や不安のある後輩に教えるように親切&丁寧に解説しています。
Outlook 2019 やさしい教科書 Outlook 2019 やさしい教科書
令和の新定番! もっとも売れているOffice入門書シリーズに遂に「Outlook 2019」が新登場! ビジネスやプライベートで広く利用されているOutlook(アウトルック)の使い方を、とことん丁寧に1つずつ紹介しています。また、仕事で役立つ便利な機能や時短テクも多数掲載!さらに、予定表や連絡先、タスク管理機能などの使い方も完全網羅! この一冊があれば、Outlookの使い方を完璧にマスターできます!

Windows関連サイト