hjsk Hashimoto Jyouhou Senryaku Kikaku 橋本和則 橋本情報戦略企画

~hjsk.jp~ 橋本情報戦略企画 橋本和則の書籍サイト

PC/その他レビューの最新記事

ASUS TFU-AX3000 フィンファンネル風アンテナで快適無線LAN

ASUS TFU-AX3000 フィンファンネル風アンテナ
WiFi 6 (802.11ax) 160MHzのチャンネル幅、OFDMA&MU-MIMO対応ゲーミングWi-Fi無線ルーター ASUS「TFU-AX3000」

3LDK 約80㎡の鉄筋コンクリートマンションで約一か月目に導入。

デバイスは個人所有だけで40台、常時利用は「有線LAN接続PC 8台、無線LAN接続デバイス 10台ほど」、最大時は無線LAN接続デバイス 30台ほどになる(ただし、2回線持ちなので別にルーター2台あり)。
これだけのデバイス数になると、アンテナや規格はもちろん、ルーター本体のCPUも重要になる。
https://www.asus.com/jp/Networking/TUF-AX3000/
ASUS TFU-AX3000 CPUメモリ負荷

無線LAN(Wi-Fi)が無料で利用可能な台湾(台北)


台湾の台北ではフリーの無線LANが発達しており、 ほとんどのホテルで利用可能だ。

フリー無線LAN(Wi-Fi)天国 台湾(台北) また、台北市そのものがフリーの無線LANを提供していることもポイントだ。
日本人が台北でフリーの無線LANを利用したい場合には、
空港にあるカウンターで「Taipei Free internet Please !」などと適当に英会話。
するとパスポート提示を求められるので、
パスポートを渡すとIDとパスワードを発行してくれる。

「SC-04D」「N-06C」「SO-02C」「SH-12C」「ISW11HT」「SC-02C」トータルメモリ容量

国産メーカーはとにかくメモリを積むべし!
以下、ランキング形式で。

Android4.0(Ice Cream Sandwich)の顔面認証(フェイスアンロック) SC-04D

Ice Cream Sandwichの顔面認証(フェイスアンロック)は非常に良い。 何が良いのかといえば、顔面認証のアーキテクチャもよいのだが、
実際の顔認証処理が高速なため、スリープ状態からスリープボタンを押しただけで
結果的にすぐにホーム画面にアクセスできるのだ。
ロック解除操作は意外と面倒なため、これは操作性の向上といえる。
・・・が、似た顔でも解除できるため、セキュリティ重視環境ではあまりお勧めできなかったりもする。
SC-04D-Android4.0(Ice Cream Sandwich)顔面認証(フェイスアンロック)
登録前の注意・・・ちなみに色々検証したが、確かに認証は甘い(そのうち記事に)。

SC-04D GALAXY NEXUS AnTuTu

トータルメモリが少ないな・・・SC-02Cは837MBあるのに

SC-04D GALAXY NEXUS Android4.0(Ice Cream Sandwich)緊急レビュー

SC-04D
SC-04D-Android4.0(Ice Cream Sandwich) ずっと気になっていたのがメニューボタン・・・ハードボタンがなくなった挙句、基本3ボタンにメニューボタンがなくなっちゃったからどうするの??
と思っていたら、なるほど、必要なときに出てくるのね・・・
しかし画面がでかい。1280×720ドットだから、もはやノートPC並みなのだが、
USBデバッグモードでキャプチャーすると、画面転送が遅いこと・・・(ちなみに本体は快適)
気が向いたら、レビューを少しずつあげていこう・・・かなあ。
やっと iPhone4S本 が書きあがったと思ったら、今度はIce Cream Sandwichか・・・

さて問題です、仲間はずれはどれでしょう?


この中で「ひとつだけ仲間はずれ」になるとしたらどれでしょう?
ちなみに、この写真は今家にある媒体の「一部」です(管理不能、たまに電話が掛かってけどどれがなっているかわかりません・・・)

フリー無線LAN(Wi-Fi)天国 台湾(台北)
わかる人はなかなかいないかと・・・
正解は次回!

著者が知らない間に本が出ている・・・よくあること

あ、出てたんすネ。
「ひと目でわかるWindows 7 操作&設定テクニック厳選200! (マイクロソフト公式解説書)」 と「ひと目でわかるWindows 7 - XP Mode & 仮想マシン活用テクニック」。

著者は電子書籍版を見たこともなかったので、早速「ちょっと読む」をクリック。
すると・・・
Windows 7本の電子書籍が登場!!が・・・ Windows 7本の電子書籍が登場!!が・・・ Windows 7本の電子書籍が登場!!が・・・ Windows 7本の電子書籍が登場!!が・・・
・・・著者的にノーコメント、ひょっとして自分の本でも買うんすかネ?

XBOX「ALAN WAKE アランウェイク」レビュー☆その1

「ALAN WAKE アランウェイク」は「目覚めたとき、悪夢が始まる」のキャッチコピーの製作期間5年もかけた期待大のミステリーゲーム。
ALAN WAKE
ベストセラー作家、アラン ウェイクは、長いスランプから逃れるために訪れた小さな町ワシントン州ブライトフォールズで、妻の失踪に見舞われる。
彼女の消息を追うアランは、いつしか悪夢の世界へと足を踏み入れていた・・・。 ALAN WAKE

64bit Windows7(Windows7 64ビット版)を購入すべきか?(再更新版)

現在のPCは64ビットWindows対応環境



 64ビット版Windows7(64bit Windows7)を動かすためのインフラとしては、さも難しい条件がありそうだが、今のPC環境を考えれば基本的に「64ビット対応CPU」を搭載していれば対応だ。
 ちなみに現在発売されているデスクトップパソコンは、まず間違いなく「64ビット対応CPU」を搭載しており、つまりは「64ビット版Windows7」対応なのである。
 
※64ビットWindows OS対応CPU(デスクトップPC)
・Core2Quad:すべて64ビットWindows対応
・Core2Duo:すべて64ビットWindows対応
・Athlon64:すべて64ビットWindows対応
・Phenom:すべて64ビットWindows対応
・Pentium4/Celeron:EM64Tの表記があるもの

 そう、CPUリストを見ればわかるが、PCのインフラとしてはかなり以前から「64ビットWindows対応環境」を手に入れている。  だが、XP/Vistaおいては、ほとんどの人が32ビット版Windowsを選択した。
 これは、ぶっきらぼうな言い方をすると「ハードウェア本来のポテンシャルを、自ら封印している」状況ともいえ、非常にもったいない使い方とも言える。
 
64bitWindows7
☆※32ビットOSを使い続けることは、PCの本来の性能を使い切っていないともいえる。
 
 ではなぜ、ハードウェアは64ビット対応なのに、ほとんどのユーザーは32ビットOSを利用しているのであろう?
 
 32ビット版OSがまだ主流である理由はいくつかあるのだが、最大の理由は「64ビット版OS」の知名度が低く、そもそもXPにおいては64ビット版が存在することさえ知らないというのが原因だ。
 また、デバイスドライバの対応や使う人間の少なさから、特にメーカー製PCが積極的な姿勢を示さず(ようやくVAIOが登場した)、「漠然とした不安」がつきまとう。
 
 ちなみに64ビット版のWindows OSとしては、
 
・Windows7 64ビット版(現在ベータ)
・Windows Vista 64ビット版(Home Basic、Home Premium、Business、Ultimate)
・Windows XP Professional x64 Edition

が存在し、32ビット版と変わらない操作環境と機能を有している。

Windows7日本語版プレビュー


 64ビットWindowsは、当然ながらビット数が上がった分処理能力に優れ、ネイティブアプリであれば32ビット版に比べ、150%ほどの処理速度向上が望める。

 また、64ビット構造のWindowsであるにもかかわらず、32ビットアプリケーション(つまり今のXP/Vista対応アプリケーション)のほとんどが動作可能である(ソフトウェアレベルのもの)。
 そして、動作速度においては、エミュレータではなく、内部的にOSを切り替えるような形をとっているので、32ビットアプリケーションでさえ108%ほど処理速度が向上するという優れものなのである(WOW64構造やアプリケーションの互換性について詳しくは、x64上級マニュアルを読んでほしいがちょい古い本…ちなみに出版業界でさえ、64ビットWindowsの本のリリースには消極的であり、x64上級マニュアルの存在がむしろ奇跡である)。

 そして、64ビットWindowsを使う最大のメリットは、32ビットWindowsがもつ「メモリー3GBの壁」が存在しないということだ。
 Windows Vista SP1から「システムのプロパティ」の表記が変わってしまい、確認しづらいのだが、簡単に言うと32ビット版Windowsは「4GB」までのメモリーアドレスしか使えない。
 またその4GBの中に各デバイスのアドレスも含めるため、デバイスの少ないマシンでも500MB、デバイスの多いマシンでは1.5GBほど食われて、結果的に32ビット版Windowsを利用する限り、PCに仮に8GBのメモリーをつもうが、2.5GB~3.5GBほどのメモリーしか使えないのだ。

Windows7日本語版プレビュー
☆ちょっとみにくくて申し訳ないが、32ビット版Windows7では4GBのメモリーを搭載しても(「システムのプロパティ」表記)、実利用はこのマシンで3325MB(タスクマネージャの「合計」表記)だ。


Windows7日本語版プレビュー
☆こちらのマシンでは3069MBしか認識していない。このように、デバイス状況によって、32ビットWindowsはメモリー利用量が左右される(基本的にデバイスが多い=高性能マザー仕様=高性能PCほどメモリが目減りする)。

 64ビットWindowsはエディションにもよるが「128GB(ギガバイト、である)」のメモリー空間を持つので、要はPCに搭載したメモリーをすべて生かせる。

 さて、誰もが64ビットOS対応ハードウェアを所有し、64ビット版Windowsが存在する・・・めざといPCユーザーであれば、64ビット版Windows、特にWindows7リリース時点で64ビット版Windows7の導入を検討するのが普通だ。

 では、実際に64ビット版Windows7を導入すべきなのであろうか?

レビュー いまだGeForce 7900 GSが最適なのか??

GeForce 7900 GS
 筆者はビデオカードにおいては、かなりの長期間「GeForce 7900 GS」と「GeForce 8500 GT」の二つを利用していた(過去形、であることに注意)。
 この組み合わせは、意外に思えるかもしれないが、非常にベストな選択だった。
 まず、筆者環境は「クアッドディスプレイ(カルテットディスプレイ)」なので、マザーボードに2枚のビデオカードを装着する必要がある。

レビュー 「PureVideo」と「PureVideo HD」の比較と単一マシンでの同居

 PureVideoとPureVideo HDの違い
 「PureVideo」と「PureVideo HD」の違いをここで紹介しておこう。
 筆者がテスト当時(かなり昔だが・・・)に使用した機材は、複数のビデオカードだったが、ここでは話の流れ上「GeForce 7900 GS」と「GeForce 8500 GT」に絞って説明しよう。
 3Dや総合力としては、「GeForce 7900 GS」のほうが勝るのだが、動画支援に関してはPureVideo HDを搭載する「GeForce 8500 GT」のほうがはるかに負荷が低く、ブルーレイ再生においては図のようになった。
 なお、このマシンはそれなりのスペックなので(Core2の4G駆動)、端的にいってしまえば「雲泥の差」である。

レビュー GeForceではだめな理由

GeForce 7900 GS
 GeForceにおいてはリリース直後に「GeForce 8800 GT」や「GeForce 9600 GT」を拝借して、テストしたこともあるのだが、少なくともゲームをやらない筆者環境においては、カード長や爆熱システムを考えると「GeForce 7900 GS」を超えるビデオカードではなかった。
 というか正直GeForce 8シリーズからのNVIDIAの姿勢には、非ゲーマーにとっては大いなる疑問を感じる。
 機能的進化はあるものの、やっていることは「Pentium 4後期(Northwood→Prescott)」と似たようなものであり、最新かつ上位のものを導入すると逆にシステムが不安定になりかねない(リターンよりもリスクのほうが大きい、電源負荷、熱、カード長)とんでもない代物が多い。

レビュー 理想のビデオカードスペック「Radeon HD 4670」


HIS H467QT512P

 前回のコラムの続き、理想のビデオカードについて述べよう。筆者の求めるビデオカードは、下記のようなものになる。
 
 ちなみに、副題にもあるように、筆者は結果的に「Radeon HD 4670」ビデオカード
HIS H467QS512P

HIS H467QT512P(オーバークロックモデル)
の二つを購入することになる。
 
 なぜ、二つなのかは今までのコラムを参照してほしい。また、あえて同一モデルを買わなかった理由は後々述べることにしよう。
 
 なお、以下のいくつかは結果的に「Radeon HD 4670」でも条件を満たしていなかったことをあらかじめ述べておこう。
 
※理想のビデオカードスペック
=============================
・PCIe 2.0対応
・DVIデュアルリンク
・DVI端子×2
・HDCP対応
・HDMI対応
最新の動画支援エンジン
・外部電源を利用しない
・ファンがうるさくない
・縦回転に対応したうえで制限がない
メモリーアドレスをなるべく消費しない
・二枚差しで相性問題が発生しない
・どうせなら最新DirectX対応
・完全新設計の最新チップではないほうがよい
・安定性の上で普及価格帯である2万円以下のモデルが理想
GeForce 7900 GSをあらゆる側面で凌駕するパフォーマンスと安定性
=============================
 
 ・・・はっきりいってしまえば、そんなたいそうな望みを持っているつもりはないのだが、「Radeon HD 4670」が登場するまでこれらの条件をまともに満たすにたるものは存在しなかったのも事実である。
 
<次回、ビデオカードの静音性と相性>

レビュー投票の詳細:レビュー投票上位のものが掲載される仕組み(これからのレビュー掲載)

 PCレビューを書きたいものはたくさんあるし、もっている…しかし、書く暇がない、ということで、今後「プレレビュー」というカテゴリを新設して、トップページから該当記事へのクリックが多いものを優先的に紹介&レビューすることにしよう(どのくらい興味があるのかは、Webのビュー数(タイトルをクリック)で判別して、ビュー数の高いものから紹介していこう)。

 ちなみに、現在レビュー予定の機材はほとんど未開封だったりする・・・なお、レビューを行う機器はすべて所有のもので、実際に自分の手で触ったものに限定する。

橋本和則
橋本情報戦略企画
橋本和則(はしもと かずのり)


作家。著書は80冊以上、ベストセラー多数。
代表作は『Windows 10上級リファレンス』『Windows 10完全制覇パーフェクト』 『パソコン仕事 最強の習慣112』『先輩がやさしく教えるセキュリティの知識と実務』等々。
Microsoft MVP(Windows and Devices for IT)14年連続受賞 & Windows Insider MVP受賞。

橋本和則の著者ページ(Amazon)
Microsoft MVP 橋本和則(Microsoft)

※業務問い合わせについては、
「執筆依頼&インタビュー依頼について」
(リンク)
を参照してください。

■■橋情のサイト記事■■

ポケット百科 Surface Pro 4 知りたいことがズバッとわかる本 ポケット百科 Surface Pro 4 知りたいことがズバッとわかる本   
Microsoft MVPが教えるワンランク上の使い方! 基本操作はもとより、出先での通信手段の確保、使い勝手を向上させる各種カスタマイズ、効率的なデータ管理、各種周辺機器の活用やクラウドサービスとの連携など、Surfaceを役立てるありとあらゆるTipsを多数紹介しています。Windows 10搭載のすべてのSurfaceユーザーにご利用いただけます。
ひと目でわかるWindows 10 操作・設定テクニック厳選200! 日経BP ひと目でわかるWindows 10 操作・設定テクニック厳選200!   → [■全目次一覧(内容詳細)■]
『信頼+実績』の[日経]+[マイクロソフトMVP×2]の大好評シリーズ「ひと目でわかる厳選200」のWindows 10対応版。ポイントとなる新機能や覚えておきたいショートカット、各種カスタマイズについて、画面や図を交えながらわかりやすく解説。本書を読めばWindows 10を快適に利用できるようになります。
ポケット百科BIZ Surface Pro 3 知りたいことがズバッとわかる本 ポケット百科BIZ Surface Pro 3 知りたいことがズバッとわかる本
Microsoft MVPが教えるワンランク上の使い方! 主にビジネスパーソンを中心に導入が進んでいるSurface。本書は、Surfaceをビジネスシーンで役立てる方法を徹底解説しました。基本操作はもとより、出先での通信手段の確保、ビジネスに役立つカスタマイズ、効率的なデータ管理や活用の方法など、目からウロコの活用法が満載。
ポケット百科DX Windows 8.1 知りたいことがズバッとわかる本 Windows 8.1Update対応 ポケット百科DX Windows 8.1 知りたいことがズバッとわかる本 Windows 8.1Update対応
マイクロソフトMVPが徹底解説! Windows 8.1 Updateの新機能はもちろん、ハードウェアやクラウド/ネットワーク連携テクニック、Windowsストアアプリの活用や周辺機器との接続、定番の使いこなし術まで、Windows 8.1 Updateの「全て」を徹底解説
Windows 8.1完全制覇パーフェクト Windows [8.1] 完全制覇 パーフェクト ~32&64ビット完全対応!!
Microsoft MVPコンビが贈る Windows 8.1の解説書! 新しくなったスタート画面はもちろん、新機能の使いこなし、デスクトップ、アプリ、日本語入力、ネットワーク、ストレージ管理、カスタマイズ、メンテナンス等を包括的に解説!
ひと目でわかるWindows 8.1 操作・設定テクニック厳選200プラス! ひと目でわかるWindows 8.1 操作・設定テクニック厳選200プラス![64bit&32bit&全エディション完全対応]
Microsoft MVPコンビが贈る 「進化&強化&変更された8.1」を徹底解説!!新操作&新機能&カスタマイズ&ショートカットキー等 必ず押さえたい新テクが満載! [目次一覧]
Windows8/8.1 上級マニュアル 下巻 Windows8/8.1 上級マニュアル 下巻   Windows 8.1 Update完全対応! InstantGo / Miracast / OneDrive / Surface / 改変された基本操作とポリシー / ラピッドリリース / 指紋認証 / ドキュメント管理 / 8インチタブレット / エクスペリエンスインデックス / 従量制課金接続 / テザリング / iOS&Android OSからのWindows OS活用 [目次一覧]
小さな会社のWindowsXP→8.1データ移行・設定ガイド 小さな会社のWindowsXP→8.1データ移行・設定ガイド
Windows XPのサポート終了に伴い、XPマシンからのデータ移行に頭を悩ませる企業が増えています。そこで本書では、メールなど、重要データの安全な移行方法を、初心者でもわかりやすいよう、ゼロから丁寧に解説。またデータ移行だけでなく、操作環境そのものの移行、データを共有するためのファイルサーバの設置方法など、知っておくと便利な各種設定手順も紹介

■■業務のお問い合わせについて■■

    ※「橋本情報戦略企画」への執筆/セミナー/インタビュー等のお問い合わせは「toi2015★win7.jp」 までお願いします(★を@に直してください、また御社ドメインのメールアドレスにてお問い合わせをお願いします)。

帰宅が早い人がやっている パソコン仕事 最強の習慣112 パソコン仕事 最強の習慣112
[はじめに] [目次] [お試しPDF]
本書を読めば、「一生役立つパソコンの習慣」を身につけることができます。 仕事が速い人は、無駄な操作をせず、最短で目的の操作を行います。 「仕事がなかなか終わらない」「1秒でも早く帰りたい」……そんな人は、 ぜひ本書をご一読ください。 業務の時短につながる役立つ習慣が満載です。
先輩がやさしく教えるセキュリティの知識と実務 先輩がやさしく教えるセキュリティの知識と実務
  [はじめに] [目次]
「セキュリティ対策」は必須です。本書は「業務のしやすさと高いセキュリティレベルを両立できる」ことがポイントで「コストをかけない安全なセキュリティ対策」を、やさしく知識と経験のある先輩が、疑問や不安のある後輩に教えるように親切&丁寧に解説しています。
Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版 Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版
「小さな会社」では、「少しパソコンに詳しい」というだけで、社内パソコン全般の管理やメンテナンスを任されてしまいます。しかし、いくつものOSが混在した環境は、なんとなく管理者を任せられた人にとってとても厳しい状況です。 そこで本書では、専門知識のない「なんとなく管理者」をターゲットに、社内LAN構築・運用手法を徹底解説しました。Windows OSを用いるので、現行資産を有効に活用し、簡単&低コストで便利な社内LANを構築できます。本書を読めばあなたの会社のネットワークは万全です!
Windows 10上級リファレンス Windows 10上級リファレンス   
64ビットシステム/UEFIブート/システムカスタマイズ/モダンスタンバイ/プロセス管理/Windows To Go/ストレージ管理/Miracast/レジストリ/Windows - On - Windows64 (WOW64)/メンテナンス/グループポリシーetc Windowsを究める最高峰のウィンドウズ10解説書!! 
Windows 10 完全制覇パーフェクト Windows 10 完全制覇パーフェクト    → [■全目次一覧(内容詳細)■]
Microsoft MVPが教えるワンランク上の使い方! Windows 10の魅力をあますことなく解説!! 「スタートメニュー」「アクションセンター」「タブレットモード」「仮想デスクトップ」「ユニバーサルWindowsアプリ」「Microsoft Edge」「ファイル履歴」「BitLocker To Go」「Windows To Go」「Hyper-V」などの操作・カスタマイズ・概念・ショートカットキー等々を包括的に解説!!
ポケット百科 Surface Pro (2017 5th) 知りたいことがズバッとわかる本 Surface Pro 知りたいことがズバッとわかる本
Surface Proの「本体機能(各種インターフェース、タッチディスプレイ、キックスタンド)」「周辺機器(タイプカバー、Surfaceペン、ワイヤレスディスプレイ、USB/Bluetoothデバイス等々)」「Windows 10(デスクトップ全般、画面スケッチ、日本語入力、省電力管理、各種最適化カスタマイズ等々)」「アプリ(Microsoft Office、OneNote、メール、カレンダー等々)」「モバイル(タッチ操作、タブレットモード、バーチャルタッチパッド等々)」「ネットワーク(Wi-Fi接続、OneDrive、スマホ連携等々)」「セキュリティ(PC管理、マルウェアスキャン、顔認証等々)」などの操作&設定&新機能に焦点をあてて、Surfaceならでこそのアドバンテージやテクニックを余すことなく解説します。
Windowsネットワーク上級リファレンス Windows 10/8.1/7完全対応 ネットワーク 上級リファレンス Windows 10/8.1/7完全対応   
10だけではなくWin 8.1/7にも完全対応! ルーターの詳細設定&最適化 無線LANパフォーマンス&セキュリティの追求 共有フォルダー設定とセキュアな管理 DLNA(DTCP-IP)によるメディア共有 ダイナミックDNSによる遠隔アクセス iOS&Androidからのファイルアクセス&メディア再生 資格情報によるスムーズなアクセス Windowsファイルサーバーの超低コスト構築&管理 リモートコントロール&リモート電源 Windows 10 MobileのMiracast/Continuum ネットワークカメラによる遠隔監視 グループポリシー&レジストリカスタマイズ 物理ネットワーク配線最適化&二重ルーターの解決

  • 橋本情報戦略企画 書籍一覧
    https://amzn.to/2hyaYhw
  • ●Microsoft MVP 「橋本和則」 https://mvp.microsoft.com/
  • ●Windows Insider MVP 「橋本直美」 https://insider.windows.com/
  • 橋本情報戦略企画 業務内容実績 https://hjsk.jp


  • ※執筆/インタビュー/講演セミナー/広告等のお問い合わせは メールアドレス toi2015★win7.jp(★を@に直してください)までお願いします(業務依頼は法人に限らせていただきます)。


Windows関連サイト