hjsk Hashimoto Jyouhou Senryaku Kikaku 橋本和則 橋本情報戦略企画

~hjsk.jp~ 橋本情報戦略企画 橋本和則の書籍サイト

IT担当者のためのテレワーク時代のセキュリティ対策 - 橋本和則 著 [完全目次]

橋本情報戦略企画  橋本和則 (著)

テレワークという働き方も増え、 新たなマルウェア対策や情報漏洩対策など、 個人がセキュリティ意識を高める必要が出てきました。
そこで本書では、セキュリティ担当者の方が本書を読み込んで各PCを設定することはもちろん、 必要な設定の要所を把握した後、 従業員に簡単な説明だけで設定を任せることも想定して、丁寧に解説しています。
各節の冒頭に「自宅で使うPC」「社内で使うPC」などのアイコンや、 その設定の重要度、設定の目的を記載しているため、 企業の状況によって設定すべきものをひと目で取捨選択できます。
テレワーク時代のセキュリティ対策

テレワーク時代のセキュリティ対策



目次


■序章 新しいセキュリティの潮流


◆01 DX(デジタルトランスフォーメーション)とゼロトラスト
・デジタルトランスフォーメーション(DX)とセキュリティ
・「内側だけに留まる」ことで実現した従来のセキュリティ対策
・ゼロトラストと新しいセキュリティの課題


◆02 テレワークと働き方改革による新たな課題
・家庭内オフィスによるテレワーク
・コワーキングスペースなどでのテレワーク


◆03 新しい技術革新とセキュリティの課題
・クラウド
・5G(第5世代移動通信システム)の普及
・社内と社外を挟んだアクセス
・スマートフォンやタブレットの進化
・ネットワークデバイスの多様化とセキュリティ


◆04 Windows 11の登場とWindows 10との違い
・UI(ユーザーインターフェース)が異なるWindows 11
・Windows 11を搭載したPCはセキュア
・Windows 10での各種セキュリティ機能設定


◆05 従業員も知るべきセキュリティ対策
・「日常」でのセキュリティ対策
・セキュリティ対策のための設定
・疑問・問題時にはサポートしてもらう体制


■第1章 担当者が知っておくべきセキュリティ対策


◆01 セキュリティ担当者が「対策」を行う前に知っておきたい3つの事実
・Web情報には悪意や古い情報が含まれる
・IT系の用語は曖昧で変化する
・「仕様」も「操作」も変更される


◆02 マルウェアによるセキュリティの脅威
・ランサムウェアによる身代金要求(マルウェアの被害)
・「踏み台」による他者への攻撃(マルウェアの被害)
・情報漏えいによるデータ流出被害(マルウェアの被害)


◆03 OSの優れたセキュリティ機能と安全性を理解する
・Windowsのセキュリティ機能は標準で万全
・セキュリティソフトの導入は任意で必須ではない
・ルーターにも守られるPC
・ではなぜマルウェアに侵されることや情報漏洩などが起こるのか


◆04 PCの基本セキュリティ対策の主要4項目
・OSのセキュリティ対策機能の確認と確立
・デスクトップの不正利用対策
・アプリの管理とセキュリティアップデート
・悪意に誘導されないための知識と操作


◆05 担当者が講じるべき基本セキュリティ対策項目
・ネットワーク環境全般のセキュリティ確保
・ユーザーやアカウント管理
・無線LAN(Wi-Fi)の暗号化と管理
・情報漏洩を自ら起こさない工夫
・PCがマルウェアに侵された想定と対策
・従業員のITリテラシーの向上


■第2章 OSセキュリティ確保とマルウェア対策


◆2-01 サポート期間内のWindowsバージョンであることの確認
 ~サポートが終了していないセキュアなWindowsを利用する
・Windows 11のバージョンとサポートを確認する
・Windows 10のエディションとバージョンを確認する
・コラム その他のWindowsのサポート期間


◆2-02 OSの各種セキュリティ機能が正常動作していることの確認
 ~「Windowsセキュリティ」でウイルス対策動作などをチェックする
・「Windowsセキュリティ」を開いてセキュリティ機能の動作を確認
・「ウイルスの脅威の防止」の設定(Microsoft Defender)
・セキュリティプロバイダー(セキュリティソフトのタイトル)の確認


◆2-03 Windowsを安全運用するためのセキュリティアップデート
 ~自動更新および手動での最新更新プログラムの確認
・自動的に行われるOSのセキュリティアップデート
・手動による更新プログラムのチェックと「更新の履歴」の確認
・手動による更新プログラムのチェックと「更新の履歴」の確認


◆2-04 PCを安全に運用するための更新プログラムの導入制御設定
 ~更新プログラムの種類の理解とあえて更新を遅延する設定
・更新プログラムの種類を知る
・オプション更新プログラム適用の可否
・Windows Updateによる更新を一時停止する
・Windows Updateによる更新を一時停止する
・品質更新プログラムの受信を延期する


◆2-05 日常操作を阻害しない更新プログラムの適用管理
 ~非作業時間帯での更新プログラム自動適用とデスクトップ動作を重くしない管理
・「アクティブ時間」の指定
・「アクティブ時間」の指定
・更新プログラムが日常作業を阻害しないようにする
・事例 学会でのプレゼンテーションが台無し・・・


◆2-06 ウイルススキャンとセキュリティインテリジェンスの更新
 ~PCがマルウェアに感染していないことの確認
・クイックスキャンによるPCがマルウェアに感染していないかの確認
・手動でセキュリティインテリジェンスを更新


◆2-07 詳細なウイルススキャンと保護の履歴の確認
 ~PC全体のマルウェアの検知・駆除を行う
・PC全体をウイルススキャンしてマルウェアを検知・駆除
・任意のフォルダーを対象にウイルススキャン
・脅威から保護された履歴を確認する
・コラム タスクマネージャーでプロセスを確認する


◆2-08 不明なアプリを導入する危険性とアプリのセキュリティ対策
 ~業務に必須なアプリのみ導入&セキュリティの脅威はユーザーの任意のアプリ導入が原因
・不明なアプリは絶対に導入しないことの徹底
・アプリのセキュリティアップデートと自動更新
・比較的安全性が高いMicrosoft Storeからの導入を検討
・サポートが終了したアプリや不要なアプリは導入しない
・事例 日本原子力研究開発機構の安易なフリーウェア導入による情報漏洩


◆2-09 不明なアプリ・不要なアプリのアンインストール
 ~サポート期間の終了による脆弱性や悪意を含む可能性があるアプリの排除
・不明・不要なアプリのアンインストール(アプリと機能)
・不明・不要なアプリのアンインストール(プログラムと機能)
・事例 「評判がよい無料セキュリティソフト」は安全??


◆2-10 不明なアプリ・プログラムなどの導入に対する警告とブロックの設定
 ~不明のソフトウェアを導入しない&させないための管理
・「評価ベースの保護」で悪意の可能性があるアプリをブロックする
・「ユーザーアカウント制御(UAC)」による警告設定
・「アプリを入手する場所の選択」でアプリの入手場所を制限する
・事例 フリーウェア導入でマルウェアに侵された事例


◆2-11 システムドライブに対するBitLockerドライブ暗号化
 ~TPMと紐づいたシステムドライブの暗号化による情報漏洩対策
・システムドライブに対するBitLocker適用状態を確認する
・ドライブに対してBitLockerを適用する
・事例 データ消去サービス業者のずさんな管理で行政文書が大量流出


◆2-12 不明なアプリをテストできる仮想マシン環境の構築
 ~WindowsサンドボックスやHyper-VによるゲストOS環境
・「Windowsサンドボックス」によるアプリのテスト環境
・「Hyper-V」を活用したアプリ環境の構築
・「Windowsサンドボックス」「Hyper-V」のシステム要件
・Windows サンドボックス/Hyper-Vの有効化


■第3章 職場やテレワークでの日常PC操作で気を付けるべき事柄


◆3-01 デスクトップの覗き見対策と不正操作の防止
 ~離席時のロックの徹底とビジュアルハッキング対策
・離席時のデスクトップのロック
・経過時間でデスクトップのロックを行う設定
・プライバシーフィルターの導入
・事例 従業員の持ち帰ったPCが家族の操作で情報漏洩


◆3-02 生体認証サインインによるデスクトップ不正操作対策
 ~Windows Hello指紋認証/顔認証のセットアップ
・PIN(Windows Hello暗証番号)の設定
・Windows Hello指紋認証のセットアップ (対応PCのみ)
・Windows Hello顔認証のセットアップ (対応PCのみ)
・コラム 盗み見対策にスクリーンキーボードを活用するの


◆3-03 データを開く前にファイルの種類を確認してマルウェアを防ぐ
 ~拡張子でファイルの種類を判断して開く&アプリの脆弱性を突かれないための対策
・ファイルの拡張子を表示する
・開く前に「拡張子」でファイルの種類を見極める
・偽装されたデータファイル(プログラムファイル)を開かない
・データを開くアプリの管理とマクロ無効設定


◆3-04 「Windowsセキュリティの重要な警告」の対処を知っておく
 ~ファイアウォールによる通信のブロックと許可
・「Windowsセキュリティの重要な警告」の意味と対処
・ファイアウォール機能が有効であることの確認


◆3-05 Webカメラからの映像漏洩対策とプライバシー確保
 ~Webカメラの無効化やプライバシーシャッターの活用
・Webカメラを一時的に無効化する(無効化/有効化の設定)
・PC内蔵Webカメラの物理プライバシー確保
・外付けWebカメラの物理プライバシー確保
・Webカメラの利用を許可するアプリの確認と設定


◆3-06 デスクトップを見せる&画面共有場面での情報漏洩対策
 ~テレワークやプレゼンテーション時にプライバシーを確保する
・デスクトップ上に配置しているアイコンの一時非表示
・メールやカレンダーなどの通知を一時的に表示しない
・閲覧したWebサイトの漏洩を防ぐ(全Webブラウザー共通)
・アドレスバーにお気に入りや履歴を表示しない(Microsoft Edge)
・事例:ある人気有名漫画編集者の「海賊版サイト閲覧疑惑」


◆3-07 ファイルの受け渡しにおける注意点と利便性&安全性を確保
 ~メール添付ファイルの注意点&クラウドやビジネスチャットの活用
・ファイルを相手に送信する際の配慮
・メールでの添付ファイルは容量に注意
・クラウドを利用したファイルの受け渡し(OneDrive)
・コミュニケーションツール・ビジネスチャットを利用したファイルの受け渡し
・事例 「宅ファイル便」によるアカウントの漏洩とサービスの停止


◆3-08 リムーバブルドライブ(外付けドライブ・USBメモリ)の情報漏洩対策
 ~暗号化+パスワード認証を実現できる「BitLocker To Go」
・リムーバブルドライブに対する「BitLocker To Go」
・リムーバブルドライブに「BitLocker To Go」を適用する
・BitLocker To Goの管理 (上位エディションのみ)


◆3-09 外出先でのWi-Fi接続とPCへの不正アクセス対策
 ~不明の無線LANアクセスポイントに接続しない&ネットワークプロファイルの設定
・不明の無線LANアクセスポイントに接続しない
・ネットワークプロファイルを「パブリック」にする
・ネットワークプロファイルを「パブリック」にする
・不明・利用していない既存のWi-Fi接続設定の削除
・不明・利用していない既存のWi-Fi接続設定の削除


◆3-10 PCにマルウェアの疑いや危険性を感じた場合には
 ~セキュリティ担当者に連絡&状況に応じて隔離・画面保存・強制終了
・PCにマルウェアの兆候や不安を感じた場合には
・ネットワークの遮断と隔離
・設定によるネットワークからの隔離と通信遮断
・設定によるネットワークからの隔離と通信遮断
・デスクトップ画面を画像ファイルとして保存(スクリーンショット)
・タスクマネージャーによるアプリの強制終了


■第4章 Webとメールのセキュリティ対策


◆4-01 Webブラウズで悪意に侵されないための基本規則
 ~業務に必要な操作のみ徹底&アプリやツールをダウンロードしない
・ビジネスに不要なサイトにアクセスしない
・不要なリンクをクリックしない
・Webサイトからアプリやツールをダウンロードしない
・技術情報
・事例 業務時間の合間にアダルトサイトにアクセスしたら・・・


◆4-02 Webブラウズ中にシステムが壊れている・ウイルスが検出されたなどと表示されたら
 ~相手がこちらのシステム問題を検出できようもないので偽警告
・「ウイルス感染」「PCに問題がある」などと表示された場合
・「至急連絡」「至急電話」などが表示される
・Webブラウザーの一括終了と強制終了


◆4-03 Webブラウザーを安全に利用するための管理
 ~セキュリティアップデートと不要な拡張機能の除去
・Webブラウザー本体のセキュリティアップデートをかかさない
・拡張機能の導入は控える
・Internet Explorerを利用しない


◆4-04 Webブラウザーによる安全性を高めるための保護設定
 ~SmartScreenやセーフブラウジングによる保護と制限
・悪意のあるWebサイトやダウンロードからの保護(Microsoft Edge)
・Webサイトへの情報送信を制限して安全性を高める(Microsoft Edge)
・悪意のあるWebサイトやダウンロードからの保護(Google Chrome)


◆4-05 ドメインとSSL証明書を理解してアクセスアドレスの信頼を確認
 ~悪意は巧妙な偽装を行うので油断は禁物
・ドメインと組織の確認
・サブドメイン
・ドメインによる公式サイト(組織)であることの判断
・SSL証明書の取得と通信が暗号化されていることの確認
・コラム アドレスが「http://」から始まるWebサイト


◆4-06 メールで悪意に侵されないための基本規則
 ~フィッシング詐欺やマルウェア導入に誘導されない
・不審なメールのリンクはクリックしない
・不審なメールの添付ファイルは開かない
・スパムメールの画像表示許可はしない


◆4-07 アカウントの凍結・漏洩・不正アクセスを受けたなどの連絡が届いたら
 ~危機を煽った誘導によるアカウント入力はフィッシング詐欺濃厚
・アカウントの凍結・不正アクセスの連絡
・見覚えのない商品の購入履歴と確認
・Webブラウザーで公式サイトにアクセスして確認


◆4-08 不明の請求書やハッキングによる脅迫請求が届いたら
 ~脅しや悪意が含まれるメッセージはすべて詐欺
・不明の相手からの「請求書」という名の添付ファイル
・「エッチなサイトを閲覧しているあなたの姿を録画した」という脅迫請求
・「脆弱性を利用して悪質なコードを仕込んだ」という脅迫請求
・コラム 信頼のある相手からのメッセージでも「乗っ取られている可能性」を踏まえる


◆4-09 メールの安全性を高めるための仕分けルールやフィルタリングの活用
 ~メールアプリやメールサービスの機能を上手に活用する
・メールアプリのセキュリティアップデート
・仕分けルール&フィルタリングを活用した振り分け
・迷惑メール判別機能の活用


◆4-10 メールの誤宛先指定や誤送信を防ぐための知識と対策
 ~オートコンプリート無効化や送信メールの一時待機
・宛先のオートコンプリート機能の無効化
・誤送信を防ぐための返信
・アドレス帳(連絡先)によるメールアドレス管理
・送信メールの一時待機(一時保留)の有効化
・コラム CC/BCCの使い分けを確認


◆4-11 ビジネスチャットを用いたコミュニケーションによる利便性と安全性の確保
 ~メールから脱却によるセキュリティリスクの軽減&参加者限定によるセキュリティ強化
・コミュニケーションツール(ビジネスチャット)の利用


◆4-12 重要度でメールアドレスを使い分けて悪意に対策する
 ~重要な連絡に用いるメールアドレスの漏洩を防ぐ
・スパムメールやフィッシングメールが多く届くメールアドレスは移行
・メールアドレスを重要度で使い分ける


■第5章 ネットワークとアカウントの管理


◆5-01 ネットワーク環境全般の安全性確保と基本セキュリティ対策
 ~レガシーデバイスの排除とファームウェアアップデート
・業務に不要なネットワークデバイスを接続しない
・レガシーデバイスやサポート期間外デバイスの除去
・ネットワークデバイスのセキュリティアップデートの徹底
・ネットワークデバイスの不要機能の無効化


◆5-02 クラウドやファイルサーバーでの共有・ユーザーの設定と管理
 ~必要なユーザーのみにアクセスを与えるセキュアな管理
・クラウドサービスの選択
・クラウドやファイルサーバーの共有管理
・VPNによる遠隔地からのLANへの参加管理
・コラム PCにデータを置くよりセキュアなファイルサーバー


◆5-03 クラウドアカウントやサービスアカウントなどにおけるパスワード設定と二段階認証
 ~パスワードの基本規則とパスワードを漏らさない&漏れても不正アクセスを防ぐ
・安全性確保のためのパスワードの知識
・二段階認証の有効化
・普段からパスワードを入力しないでサインインする
・認証を行う対象デバイス/アプリの管理
・コラム 定期的なパスワードの変更は不要、ただし・・・


◆5-04 クラウドアカウントやサービスアカウントの安全性を高めるためのメールアドレス管理
 ~連絡に利用しないメールアドレスを割り当ててサービスでも使い分ける
・連絡とサービスのメールアドレスの非共用
・サービス登録用メールアドレスを重要度で使い分ける


◆5-05 ルーターの役割と基本セキュリティ対策
 ~ファームウェアアップデートとデフォルトパスワードの変更
・ルーター設定コンソールへのアクセス
・ログインパスワードの変更と管理
・ファームウェアアップデートの確認


◆5-06 無線LANアクセスポイントの安全性確保とWi-Fi接続の管理
 ~通信の暗号化&簡易接続機能の無効化&暗号化キーを教えない
・無線LANアクセスポイント設定
・「かんたん接続設定」の機能を無効化
・「暗号化キー」を教えずにWi-Fi接続設定
・Wi-Fi接続が不要になったPCからの設定削除
・コラム その他の無線LANアクセスポイントのセキュリティ設定


◆5-07 ネットワーク分離によるLANに参加できないインターネットアクセス
 ~ゲスト接続を分離&ローカルエリアネットワークから隔離して不正アクセスを防ぐ
・ネットワーク分離とは
・ネットワーク分離の設定
・ゲストには暗号化キーを伝えない


◆5-08 家庭内オフィス(テレワーク)でのネットワーク管理とセキュリティ対策
 ~家庭環境でも無線LANルーターのセキュリティ確保
・業務利用PCは本人のみ利用の徹底
・無線LANルーターの管理
・不要なネットワークデバイスの管理


◆5-09 PCのデータ通信確保(SIM/eSIM・モバイルルーター・スマートフォンのテザリング)
 ~不明の無線LANアクセスポイントに接続しないで済む安全性の確保
・PC内蔵のSIM/eSIMを利用したデータ通信
・モバイルルーターを利用したデータ通信
・スマートフォンのテザリングを利用したデータ通信
・通信量を抑えたいときの「従量制課金接続」の設定


■第6章 PCの入手時・廃棄時のセキュリティ対策


◆6-01 新規購入PCのセットアップとセキュリティ対策
 ~不要なアプリは削除して余計なセットアップも行わない&セキュリティアップデート
・不要なアプリやプログラムを削除する
・不要なアプリやデバイスドライバーをインストールしない
・リカバリ方法とリカバリドライブの作成
・セキュリティアップデートと最新バージョンへの更新


◆6-02 しばらく利用していなかったPCや中古PCのセキュリティ対策
 ~信頼せずに隔離された状態で初期セットアップ&必要に応じてリセット
・中古PCは「PCのリセット」
・OSやアプリのサポート期間の確認とアンインストール
・隔離されたネットワーク環境での初期セットアップ


◆6-03 PCを廃棄する際の情報漏洩対策
 ~データを復元できないようにデータクリーニングが必須
・通常の削除操作では復元可能なデータ
・PCのリセットによるデータクリーニング
・分解可能な場合にはPCとストレージを分離廃棄


◆6-04 ストレージ(単体ドライブ)を廃棄する際の情報漏洩対策
 ~暗号化+ゼロフォーマットで万全の対策
・ゼロフォーマットによる完全消去
・BitLocker To Goの「ドライブ全体の暗号化」を適用
・内蔵ストレージの外付けドライブ化によるデータクリーニング


◆6-05 バックアップ媒体の情報漏洩対策と管理
 ~バックアップもパスワード認証や二段階認証による情報漏洩対策
・バックアップ媒体の暗号化とパスワード認証
・クラウドへのバックアップは二段階認証
・事例 なんのミスもしていないのにデータもバックアップも消去される


◆6-06 PCのハードウェアの正常性確認(メモリ診断・ドライブスキャン)
 ~不具合においてハードウェア問題とソフトウェア問題を切り分ける
・「Windowsメモリ診断」による正常性チェック
・「ドライブのスキャン」によるエラーチェック


◆6-07 「PCのリセット」によるOSの初期化と安全な状態の確保
 ~マルウェアなどのソフトウェア的な問題が存在しない状態からの再セットアップ
・「PCのリセット」の注意と事前確認
・「PCのリセット」のウィザード起動
・「PCのリセット」のウィザード起動
・個人ファイルを保持したPCのリセット
・すべて削除してPCを完全リセットする
・コラム セキュリティに強い「PCをリセットできる環境」


■第7章 スマートフォン・タブレットのセキュリティ対策


◆7-01 スマートフォン・タブレットの不正操作対策とビジュアルハッキング対策
 ~生体認証・自動ロック・重要アプリ利用時の認証
・生体認証の設定
・自動ロック(画面タイムアウト)を短めに設定する
・プライバシーフィルターの活用
・アプリ利用時の生体認証設定
・コラム 業務利用としてのスマートフォン・タブレットの位置づけを再考する


◆7-02 スマートフォンを利用したWebやSNSなどの情報発信とプライバシー
 ~俯瞰で見て問題がない投稿&ビジネスとして意味のある発言を行う
・WebやSNSでの発信で気を付けるべきこと
・端末で複数のSNSアカウント管理
・位置情報タグの付加


◆7-03 スマートフォン・タブレットのセキュリティ対策
 ~端末アカウントの保護とファームウェアアップデート
・端末を管理するアカウントの二段階認証設定
・端末のファームウェアアップデート
・不要なアプリや不明なアプリは導入しない
・野良アプリの導入禁止


◆7-04 スマートフォン・タブレットの情報漏洩対策
 ~悪意のあるメッセージに誘導されない&不要なリンクをタップしない
・通知やメッセージを鵜呑みにせずフィッシング詐欺を常に意識
・リンクはタップせず不用意にアクセスしない
・スクリーンショットの保存
・不明の無線LANアクセスポイントに接続しない
・端末を廃棄する際の情報漏洩対策


◆7-05 スマートフォン・タブレットの紛失・盗難対策
 ~PCから端末の位置を探る&リモートワイプで情報漏洩を防ぐ
・端末の盗難・紛失に対策
・PCでのスマートフォン・タブレットの探し方を確認
・リモートロックとリモートワイプ(端末消去)


■付録
・「設定」を開く
・「設定」を開く
・「バージョン情報」を開く(システムの確認方法)
・「詳細情報」を開く(システムの確認方法)
・「Windowsセキュリティ(セキュリティの概要)」を開く
・「Windowsセキュリティ(セキュリティの概要)」を開く
・「コントロールパネル」を開く(通常手順)
・「コントロールパネル」を開く(通常手順)
・「コントロールパネル」を開く(素早い起動)
・Wi-Fi接続設定
・Wi-Fi接続設定
・「タスクマネージャー」を開く
・「Microsoft Edgeの設定」を開く
・Windows 11/Windows 10の操作・設定関連のショートカットキー

橋本情報戦略企画への
<執筆・講演・セミナー・コンサルなどの業務関連>
のお問い合わせは
「執筆依頼&インタビュー依頼について」を確認してください




↓「橋本和則」の執筆出版実績一覧(抜粋)↓

Outlook 2021 やさしい教科書 テレワーク時代のセキュリティ対策 Outlook 2019 やさしい教科書 大阪府中小企業団体中央会 「生産性向上につながる中小企業のテレワーク環境整備の手引き Part. 2 実践編」 SMBCコンサルティング Netpress掲載 【生産性向上につながる!】 中小企業の「テレワーク環境整備」の手引き [全面改訂版] Windows 10上級リファレンス 第2版 大阪府中小企業団体中央会 「生産性向上につながる中小企業のテレワーク環境整備の手引き Part. 1 導入編」ド 業務効率を下げずに働き方改革! テレワーク導入ガイド 「テレワーク環境整備の手引き」後編(実践編) 「テレワーク環境整備の手引き」前編(導入編) リスクモンスター会報誌夏号 橋本和則著 セキュリティ対策 「SMBCコンサルティング Netpress」リスク軽視は破滅を招く! 小企業のためのセキュリティ対策のきほん 先輩がやさしく教えるセキュリティの知識と実務 帰宅が早い人がやっている パソコン仕事 最強の習慣112 ポケット百科 New Surface Pro 知りたいことがズバッとわかる本 Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版 いまからはじめるWindows 10 ダウンロード版 Windowsネットワーク上級リファレンス Windows 10 vs Windows 8.1 / 7操作・設定比較ガイド Windows 10上級リファレンス ポケット百科Surface Pro 4 知りたいことがズバッとわかる本 ひと目でわかるWindows 10 操作・設定テクニック厳選200! 
Windows 10完全制覇パーフェクト ポケット百科BIZ Surface Pro 3 知りたいことがズバッとわかる本 ポケット百科DX Windows 8.1 知りたいことがズバッとわかる本 Windows 8.1Update対応 小さな会社のWindowsXP→8.1データ移行・設定ガイド 小さな会社のLAN構築・運用ガイド Windows 8シリーズ/7/Vista 対応 Windows8/8.1 上級マニュアル 下巻 ひと目でわかるWindows 8.1 操作・設定テクニック厳選200プラス! 
Windows 8.1完全制覇パーフェクト Windowsタブレット上級マニュアル Surface Pro/RT対応 ポケット百科WIDE Surface RT 知りたいことがズバッとわかる本 ポケット百科DX Windows 8 知りたいことがズバッとわかる本 Windows8 上級マニュアル 上巻 Windows 8完全制覇パーフェクト ひと目でわかるWindows 8 操作・設定テクニック厳選200プラス! 新iPadビジネス設定・活用術 iOS 5.1 & 全iPad対応 動画サーバー・マニアックス 地デジ・DVD・ネットの動画がいつでもどこでも視聴できる! メディアサーバー構築&活用ガイド iPhone 4S ビジネス設定・活用ガイド-iPhone 4S/4&iPod touch 4th対応 Windowsファイル操作&管理 ビジテク Windows 7/Vista/XP対応 停電・震災に備えるPC管理術~データとネットワークを守る安心環境を構築せよ iPad2 ビジネス設定&活用術-クラウド・PC連携で仕事を効率化 Windows 7 上級マニュアル ServicePack対応版 iPod touchビジネス活用術 Windows7上級マニュアル [ネットワーク編] 小さな会社のLAN構築・運用ガイド for Win7/Vista/XP(全OSサーバクライアント対応) ひと目でわかるWindows 7 “XP Mode” & 仮想マシン活用テクニック XPユーザーのためのWindows 7乗り換えガイド Windows 7 上級マニュアル ひと目でわかるWindows 7操作&設定テクニック厳選200! Windows Vista最終完全マニュアル 永久保存版 パワフル活用Vista 剛腕テクニック〈厳選技158〉 バリバリチューンVista 倍速カスタマイズ〈究極技163〉 Windowsでできる小さな会社のネットワークサーバー マイクロソフト推奨 Windows Vistaトラブル解決 Windowsでできる小さな会社のシステム管理・運営ガイド PC仮想化テクニック 1台でVistaもXPもスッキリ使い分け Windows Vista上級マニュアル Vista不要の最速Windows XP構築ガイド Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 必ず観れる!インターネットの動画再生 Windows&定番アプリ ショートカット早見表 Windows XP x64 Edition 上級マニュアル Windows XP で作る スマート自宅サーバー P2P ファイルの達人 [SP2完全対応改訂版] Windows XP 上級マニュアル 甦れ!ベタついたWindows XP PowerPoint2003 誰でも使える活用術 WindowsXP+日本語入力 誰でも使える活用術 Windows XP再インストール完全バイブル 低予算で手軽にできる パソコンでテレビを見よう!―手持ちのパソコンで始めよう!1万円!!でできるテレパソ計画 パソコンで楽しむ動画の操作・活用自由自在 WindowsXP 上級マニュアル Windows XP インターネット+ネットワーク上級マニュアル―極める! WindowsXP 上級マニュアル PowerPointマル勝プレゼンテーション術 かんたん図解 ノートパソコン―WindowsMe対応 Windows Me上級マニュアル―極めよう!Windows Millennium Edition実践テクニックガイド Windows98ではじめるパソコン

↑「橋本和則の著書履歴一覧」画像とリンク(抜粋)↑

 ※マウスオーバーで書籍名、クリック/タップで書籍の詳細
Windows 10 完全制覇パーフェクト Microsoft MVP執筆
橋本和則
橋本情報戦略企画
橋本和則 (Kazunori Hashimoto)


作家。著書は80冊以上、ランキングトップ書籍多数。特に「上級シリーズ」は累計50万部を超えるベストセラーであり、著書「パソコン仕事 最強の習慣112」は様々なメディアで採り上げられている。
話すことも得意で、登壇・セミナー・オンライン講義なども好評を得ている。
主にWindowsの実践的な解説が多く、時短術・Office・ハードウェア・カスタマイズ・ネットワーク・テレワーク・セキュリティなどの著書や講義を行う。Webサイトを7つ運営。
Microsoft MVP(Windows and Devices for IT)を16年連続受賞

Amazon著者ページ 橋本和則
Microsoft MVP 橋本和則(Microsoft内)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※業務問い合わせについては、
「執筆依頼&インタビュー依頼について」
(リンク)
を参照してください。
Outlook 2019 やさしい教科書 Outlook 2019 やさしい教科書
令和の新定番! もっとも売れているOffice入門書シリーズに遂に「Outlook 2019」が新登場! ビジネスやプライベートで広く利用されているOutlook(アウトルック)の使い方を、とことん丁寧に1つずつ紹介しています。また、仕事で役立つ便利な機能や時短テクも多数掲載!さらに、予定表や連絡先、タスク管理機能などの使い方も完全網羅! この一冊があれば、Outlookの使い方を完璧にマスターできます!
テレワーク時代のセキュリティ対策 テレワーク時代のセキュリティ対策
DX化による働き方改革には、以前とは異なるセキュリティ対策が必要になります。 本書ではセキュリティ担当者が取捨選択しやすいように重要度・対象環境・難易度・目的をわかりやすく示して解説しているほか、従業員も知っておくべき項目・任せてもよい項目もひと目でわかるのが特徴です。
[完全改定版]Windows 10上級リファレンス v2 新登場 Windows 10上級リファレンス 全面改訂版   [はじめに]   [完全目次一覧]  
前回著書と同じページは一つもなし! 最新Windows 10のカスタマイズ・操作・セキュリティ・ハードウェア・PC管理・ショートカットキーとWindows OSの歴史などWin10を知る&総合的なPCスキルに身につけるための各種解説を満載!
Outlook 2021 やさしい教科書 Outlook 2021 やさしい教科書
仕事やプライベートで広く利用されている定番メールソフトのOutlookの基本操作から、便利な使い方まで一冊に完全網羅しています。一日でかなりの時間をメールに使っている人は多いでしょう。Outlookには基本的な機能だけでなく、時短につながるさまざまな機能が用意されています。仕事だけでなく、すべてのメール処理に使えるテクニックを、手順解説ではじめての人にもわかりやすく解説しています。
Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版 Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版
「小さな会社」では、「少しパソコンに詳しい」というだけで、社内パソコン全般の管理やメンテナンスを任されてしまいます。しかし、いくつものOSが混在した環境は、なんとなく管理者を任せられた人にとってとても厳しい状況です。 そこで本書では、専門知識のない「なんとなく管理者」をターゲットに、社内LAN構築・運用手法を徹底解説しました。Windows OSを用いるので、現行資産を有効に活用し、簡単&低コストで便利な社内LANを構築できます。本書を読めばあなたの会社のネットワークは万全です!
先輩がやさしく教えるセキュリティの知識と実務 先輩がやさしく教えるセキュリティの知識と実務
  [はじめに] [目次]
「セキュリティ対策」は必須です。本書は「業務のしやすさと高いセキュリティレベルを両立できる」ことがポイントで「コストをかけない安全なセキュリティ対策」を、やさしく知識と経験のある先輩が、疑問や不安のある後輩に教えるように親切&丁寧に解説しています。
帰宅が早い人がやっている パソコン仕事 最強の習慣112 パソコン仕事 最強の習慣112
[はじめに] [目次] [お試しPDF]
本書を読めば、「一生役立つパソコンの習慣」を身につけることができます。 仕事が速い人は、無駄な操作をせず、最短で目的の操作を行います。 「仕事がなかなか終わらない」「1秒でも早く帰りたい」……そんな人は、 ぜひ本書をご一読ください。 業務の時短につながる役立つ習慣が満載です。

Windows関連サイト

近況・執筆・活動実績一覧

■■業務のお問い合わせについて■■

    ※「橋本情報戦略企画」への執筆/登壇/セミナー/インタビュー等のお問い合わせは「toi2015★win7.jp」 までお願いします(★を@に直してください、また御社ドメインのメールアドレスにてお問い合わせをお願いします)。